尼崎工業会による紹介動画

協同組合尼崎工業会 第59回会員交流大会 会員企業紹介で流されたプロモーションビデオです。

いしい特許の便利士サービス


マーケットを確保・参入し たいけど… 知財って使えるの?

READ MORE


大切なノウハウはある けど… どんな対策ができるの?

READ MORE


もっとコストカットしたい けど… 何から取り組めばよい?

READ MORE


自分で手続してみたい けど…おトクなやり方が わからない?

READ MORE

費用について

知財で人の役に立つ

わたしたちは、あなたのビジネスの便利な相談相手です。
お気軽にご相談ください!

知的財産(知財)とは「価値がある情報」のことです。
一般に、知財というと、特許や著作権の話を思い浮かべることがあると思いますが、新たに生み出された技術やアイデア、デザイン、営業上の情報やノウハウは、それ自体で価値のある情報です。
ロゴマークや商品の名前なども、長年の使用によって信用やブランドイメージといった価値を生み出します。
このような知的財産を、生み出した人の財産権として認め、一定期間保護するための制度が、知的財産権制度です。

孫子の兵法に『戦わずして人の兵を屈するは善の善なる者なり』という言葉があります。一つの市場内で競合他社と争う場合、競合他社に対して優位になるために、価格競争や過剰サービスなどの不毛な争いが起こります。そんな争いに加わるよりも、より付加価値の高い新たな製品やサービスを産み出して、ニッチであっても、自社の特性に合った市場を創造することが賢明です。そのためには、全てを知的財産権としてしまうばかりでは市場を創造できません。つまり、新たな技術やサービスを、貴社の強みとなる知的財産として適切に管理することで、戦うことのない貴社独自の市場を産み出せるのです。

私たちの事務所は、故石井暁夫先生により1975年に設立された石井特許事務所を母体とする特許業務法人です。
機械・メカトロ分野を中心に幅広い分野に対応し、お客様の事業を継続・発展させる収益を確保するために、知的財産を軸としてお客様のお手伝いをすることを仕事としております。
例えば、競合他社の参入を防止して自社製品の市場占有率を確保したい、親事業者が自社を棄てて他社に発注するのをなんとか防ぎたいなど、これらの問題が生じたとき、特許をはじめとする知的財産権があれば対処が可能になります。

ページのトップへ戻る